1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年9月全国消費者物価

2021年9月全国消費者物価

商品市況高騰の影響で、コアCPIは1年半ぶりに前年比プラス圏に

2021年10月22日

経済調査部 研究員 瀬戸 佑基

サマリー

◆2021年9月の全国コアCPI(除く生鮮食品)は前年比+0.1%と、2020年3月以来1年半ぶりに前年比プラスとなった。世界的な商品市況高騰の影響を受け、エネルギーや食品(除く生鮮食品)といった非耐久消費財が全体を押し上げた。他方、新コアコアCPI(除く生鮮食品、エネルギー)は同▲0.5%とマイナス幅が前月から横ばいであった。足元のコアCPIを下支えしている要因が主にエネルギーであることを考慮すると、物価の基調は足踏み状態にあるといえよう。

◆9月のコアCPIの前年比変化率の内訳を見ると、「ガソリン」や「電気代」、「牛肉(輸入品)」といった非耐久消費財が全体を押し上げた。一方、足元の主要な下押し要因であるサービスでは、「通信料(携帯電話)」による下押し圧力を「宿泊料」が一部緩和する、という構図が続いている。

◆先行きのコアCPI前年比変化率は、様々な要因が混在しつつも、全体としては緩やかに上昇を続けるとみている。当面の上昇要因としては、商品市況の高騰を受けた企業の生産コストの上昇や、昨年のGo Toトラベル事業の裏の影響が挙げられる。一方GDPギャップの回復の鈍さや、携帯電話通信料引き下げの影響が引き続き下押し要因となろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加