1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 消費データブック(2021/8/5号)

消費データブック(2021/8/5号)

個社データ・業界統計・POSデータで足元の消費動向を先取り

2021年08月05日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆7月の消費は6月と比べ小幅ながら増加したとみられる。財消費は家電や自動車などの耐久消費財がさえなかったものの、それ以外の財は好調であったようだ。百貨店などは6月下旬に通常営業に戻ったことに加え、梅雨明けが例年より早かったことから季節商品の販売が好調であった。他方、サービス消費は7月中旬にかけて緩やかな回復傾向が継続したとみている。小売店・娯楽施設の人出は東京都に対して4度目の緊急事態宣言が発出された後に増加傾向が見られ、下旬の4連休明けに減少傾向に転じた。

◆【小売関連】7月の大手百貨店の既存店売上高の伸び率は2019年同月比で1~2割減程度と6月からマイナス幅が縮小した。スーパーやホームセンターの売上高は6月からおおむね横ばいであった。一方、大手家電量販店の売上高は前月比▲11.9%と大きく落ち込んだ。テレビの販売は6月に続き前月から増加したものの、エアコンや冷蔵庫が押し下げたようだ。

◆【サービス関連】7月の新幹線輸送量は、2019年同期比6割減程度と5月を底に緩やかに回復している。JR各社が発表したお盆(8/6~8/17)の新幹線予約席数は19年比で約7~8割減となっている。他方、6月の旅客機(国内線)輸送量は同7割減程度と5月からおおむね横ばいであった。また、6月の宿泊者数も同6割減程度と5月からおおむね横ばいであった。感染拡大の長期化で、移動を伴うサービスの需要の回復は伸び悩んでいる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート