消費データブック(2021/5/10号)

個社データ・業界統計・POSデータで足元の消費動向を先取り

RSS

2021年05月10日

  • 山口 茜
  • 和田 恵

サマリー

◆4月の消費は減少に転じたとみられる。財消費は概ね横ばいで推移したものの、新型コロナウイルス感染拡大の深刻化を受けて一部地域に緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が発出・適用されたことでサービス消費が落ち込んだ。

◆【小売関連】4月の大手家電量販店の売上高は前月比+6%程度、ホームセンターは同+3%程度、スーパーは同+2%程度、新車販売台数は同+3%程度といずれも増加した。他方、4月の大手百貨店の売上高伸び率は感染拡大前の2019年同月比で2~3割減程度と、3月からマイナス幅が小幅に拡大した。大手アパレルの売上高伸び率は全商品の値下げを実施したユニクロを中心に3月から低下した。

◆【サービス関連】4月の新幹線輸送量は、2019年同期比5~7割減程度と3月からマイナス幅が小幅に拡大した。大型連休中(4月29日~5月5日)の航空機の輸送量は、国内線が同65%減程度、国際線が同95%減程度と3月と同程度であった。小売店・娯楽施設の人出は4月以降は減少傾向が続いており、それと連動する外食・旅行・娯楽関連消費の落ち込みが予想される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

執筆者のおすすめレポート