1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 4月鉱工業生産

4月鉱工業生産

熊本地震の生産全体への影響は限定的

2016年05月31日

経済調査部 エコノミスト 久後 翔太郎

小林 俊介

サマリー

◆2016年4月の生産指数は前月比+0.3%と、2ヶ月連続で上昇した。熊本地震の影響により、低めの予想となっていた市場コンセンサス(同▲1.5%)対比でも上振れした。また、出荷指数は前月比+1.5%と上昇し、在庫指数は同▲1.7%、在庫率指数は同▲2.2%と、2ヶ月ぶりに低下した。予測調査指数は5月:同+2.2%、6月:同+0.3%と緩やかな持ち直しが続く見通しとなっている。4月の生産を総じてみると、熊本地震の生産全体への影響は限定的であり、在庫調整の進展が確認される良好な結果であったと評価できる。


◆先行きの生産は当面弱含むとみている。賃金上昇率および年金受給世帯所得の伸び悩みを背景に、消費を中心とした内需の本格的な回復には時間がかかるだろう。加えて円高の進行を受けて企業の収益環境が悪化する中、国内設備投資の増加も、人手不足対応の省力化投資や研究開発・省エネ関連投資など、的を絞った内容となる可能性が高い。一方、外需については、強弱入り混じりながらも底堅く推移する見通しだ。米国経済は家計部門を中心に底堅く、資本財輸出の伸び悩みを耐久財などの輸出が補うだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加