1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想

2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想

耐久消費財の減少を主因に個人消費が伸び悩み

2015年05月01日

経済調査部 エコノミスト 久後 翔太郎

小林 俊介

サマリー

◆2015年1-3月期のGDP一次速報(2015年5月20日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+1.4%(前期比+0.4%)と、2四半期連続のプラス成長を予想する。ただし、個人消費が減速するなか、民間在庫品増加がGDP全体の押し上げ要因となっており、力強さに欠ける内容となる見込みだ。


◆個人消費は前期比+0.2%と3四半期連続の増加を予想する。2014年10-12月期に急増した新車販売台数に反動減の動きがみられたことなどから耐久消費財が減少した一方、サービスについては非選択的支出を中心に増加し、個人消費全体を下支えした。


◆先行きの日本経済は基調として緩やかな拡大が続く公算である。個人消費は緩やかながら拡大基調を維持すると見込んでいる。エネルギー関連価格の下落を通じた実質所得の押し上げ効果が続くことに加え、ベースアップ等による名目賃金の上昇が支えになるとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加