1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2月鉱工業生産

2月鉱工業生産

大雪の影響もあり生産は下振れ

2014年03月31日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2014年2月の生産指数は、前月比▲2.3%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を下回った。消費税増税前の駆け込み需要に向けた生産の増加が見込まれるなか、予想に反して生産が減少した点はネガティブである。ただし、2月の生産の減少は、大雪による流通網の混乱や操業停止による影響が相当程度あったとみられ、均せば生産の増加基調が続いているという判断に変更はない。


◆2月の生産指数を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から低下しており、幅広い業種で生産の減少が見られた。前月時点の製造工業生産予測調査で2月の減少を見込んでいた、輸送機械工業や、はん用・生産用・業務用機械工業が計画から下振れしたことに加えて、大幅な増産を見込んでいた、情報通信機械工業が計画に反して減少したことが全体を押し下げた。


◆製造工業生産予測調査では、2014年3月の生産計画は前月比+0.9%、4月は同▲0.6%となった。3月については、先月の製造工業生産予測調査では減少が見込まれていたが、2月の生産水準が下振れしたことを受けて上方修正された格好である。一方、4月については、3月に増産を見込んでいる情報通信機械工業が全体を下押しする見込みとなっていることに加えて、多くの業種が生産の減少を見込んでおり、総じて生産水準はピークアウトする計画となっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加