1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 4-6月期法人企業統計と2次QE予想

4-6月期法人企業統計と2次QE予想

企業業績は減速傾向/GDP2次速報は下方修正

2012年09月03日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆【業績概要】前年比減収はネガティブ:2012年4-6月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+11.5%となり2四半期連続の増益となった。売上高は同▲1.0%と2四半期ぶりの減収に転じたものの、人件費を中心とした固定費削減効果で、増益を維持した格好。前年にあたる2011年4-6月期は、東日本大震災の影響で、全産業で売上高が大幅に落ち込んでいた時期であるため、全産業の売上高が前年比で減少したことはネガティブな印象。季節調整値でみても、全産業の売上高が前期比▲2.5%、経常利益は同▲2.5%といずれも減少しており、企業収益の減速を感じさせる内容となった。

◆【設備投資動向】前期比減少も、均せば緩やかな増加傾向:2012年4-6月期の全産業の設備投資(ソフトウェア除く)は前期比▲0.5%と2四半期連続の減少となった。非製造業の減少は2011年10-12月期に大幅に増加(前期比+16.5%)した反動減が続いているものとみられ、均してみればそれほど悲観的になる内容ではない。設備投資は、低水準ながらも緩やかな増加傾向が続いているといえよう。

◆【GDP予測】4-6月期GDP2次速報は下方修正と予想:今回の法人企業統計の結果を受けて、2012年4-6月期GDP統計2次速報(9月10日公表予定)は、1次速報から下方修正される見通しである。大和総研では、実質GDP成長率は前期比+0.2%(1次速報では同+0.3%)、年率+0.9%(1次速報では同+1.4%)になると予想する。下方修正の主因は、設備投資が前期比+1.0%(1次速報では同+1.5%)と下方修正されること。また、在庫投資に関しても、1次速報時点で仮置きとなっていた仕掛品在庫と原材料在庫が置き換えられることで、前期比寄与度▲0.1%pt(1次速報では同0.0%pt)と下方修正される見込み。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加