1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 迷走するドイツ政局の行方

迷走するドイツ政局の行方

内外からの圧力を受け、CDU/CSUとSPDの連立政権続投か

2017年11月28日

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

サマリー

◆ドイツで9月24日の議会選挙を受けた連立政権交渉が難航している。メルケル首相率いるCDU(キリスト教民主同盟)/CSU(キリスト教社会同盟)と、FDP(自由民主党)、緑の党による連立政権(通称:ジャマイカ連立)の樹立に向けた予備協議は、FDPの離脱により11月19日に決裂した。


◆メルケル首相に残された選択肢は、(1)SPD(社会民主党)との大連立政権、(2)CDU/CSUとFDP、またはCDU/CSUと緑の党の少数与党政権、(3)再選挙で、本命は大連立政権の続投である。SPDは選挙での大敗を理由にこれを断固拒否するとしてきたが、ドイツに安定した政権の誕生を望む国内外からの声に押され、協議に応じる姿勢に転じた。


◆EU最大の経済規模を有し、フランスと共に欧州統合を推進してきたドイツで不安定な政権が誕生すれば、英国のEU離脱交渉、EU改革、ギリシャ支援問題などさまざまな課題に直面しているEUにも悪影響が及ぶと懸念される。ジャマイカ連立の協議決裂後もユーロ安、株安、金利上昇といった反応は起きていないが、これはドイツの政治混乱が拡大せず、好調な景気にも悪影響は生じないと予想されているためだろう。


◆大連立政権樹立に向けた協議は一筋縄ではいかないだろうが、国内外から要請されている「安定政権樹立」のためにCDU/CSUとSPDがそれぞれ歩み寄ることになると予想する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート