1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 英国:メイ首相の教育改革

英国:メイ首相の教育改革

選抜制へのシフトがもたらすもの

2017年03月23日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆責任ある資本主義を掲げるメイ首相は2016年9月、就任演説でも強調したように、「少数の特権階級だけではなく、すべての市民のためになる」教育制度改革に向けたコンサルテーションを行った。改革案からは、現行法で禁じられている選抜制学校の新設に向け舵を切ることが明らかになり、物議を醸している。


◆優秀な学業成績で知られる選抜制学校に対するアクセスの拡大には、選ばれた一部のみが高質の教育を享受することへの抵抗や、選抜制学校が周囲に及ぼすネガティブな影響など、多くの懸念が存在する。コンサルテーションの結果を踏まえた白書が近く発表される予定だが、教育界の強い反対にもかかわらず、選抜制学校新設の予算が確保されている。対立を呼ぶリスキーな改革がどのように実施されていくか注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加