1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 政治的窮地に立つメルケル首相

政治的窮地に立つメルケル首相

難民危機への無策でEU解体の恐れ、地政学的リスクの増加?

2016年01月21日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆2015年と同様に大量の難民流入が見込まれるEUでは効果的な対策を欠き、単一通貨などこれまでの統合の成果を無に帰すような解体プロセスが起きる可能性が指摘されている。


◆人道的見地から難民に門戸を開放したメルケル首相に対し、急激な難民大量流入への対応の難しさからUターンを迫る政治圧力が高まりつつあり、今後の動向が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加