1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば

欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば

銀行同盟に向け銀行セクターの改善はこれからが正念場

2013年11月15日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆欧州での各アセットクラス(株式、債券、オルタナティブ)および金融機関の動向をピックアップした。

  • 欧州銀行セクター業績見通しを悲観的にさせるECBの利下げ
  • 欧州銀行の円建て債券(サムライ債)発行が拡大
  • 日本企業のユーロ・ユーロ債、ユーロ・ポンド債調達の拡大
  • ユーロ圏銀行の資本増強は進んでいるが、レバレッジ比率は未だ低迷
  • 不良債権処理が進んでいる訳ではなく、内部格付手法行でのリスクアセットの低下がデレバレッジの要因
  • リスクベースか名目ベースか? 資本サーチャージに未来はあるのか?
  • 最近の欧州金融動向(銀行同盟、ECB、BOE等の政策実施、発言等)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加