1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 保険会社にも国際的に統一した資本規制の波

保険会社にも国際的に統一した資本規制の波

オオカミはくるのか?

2013年10月22日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆2013年10月9日、日米欧など約140カ国・地域の金融監督当局で構成される保険監督者国際機構(IAIS:International Association of Insurance Supervisors)は、国際的に活動する保険グループ(IAIGs:Internationally Active Insurance Groups)の経営健全性を確保するため、リスクベースのグローバルに統一された資本基準(ICS: Insurance Capital Standard)を新たに策定することを発表した。策定期限となる2016年以降、監督当局とIAIGsによるテストや微調整を経て、全面的な導入が2019年に予定されている。


◆今回の新たに発表されたICSの枠組みは、IAISが2010年よりIAIGsを対象として策定していた、「国際的に活動する保険会社グループを対象とした、共通の保険監督枠組み(Common Frame、通称ComFrame)」の中に含まれることとなった。資本規制の対象となるIAIGsの選定には、監督当局にある程度の裁量余地が付与され約50社程度に絞られるものとしている。ただしICSの概要や、現在の各国の資本規制(EUのソルベンシーⅡ等)と比較してどのようになるかは全くの白紙の段階といえる。


◆保険業界の世界的なシンクタンクであるジュネーブ協会は、IAISが発表した導入までの時間枠の短さについては否定的な見解を示している。これまでの経緯でもIAISは国際的に統一した資本規制に関しては消極的なスタンスを示していただけに、具体的な規制部分が未着手の現段階で、2019年までに予定しているスケジュールが順調に進むかは懐疑的といえる。各国のソルベンシーⅡの導入も難航し、大幅に遅れている現状を鑑みると、実施するとの掛け声にとどまることなく、AIG問題の教訓を国際統一規制の形に変える悲願の早期達成に期待したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加