1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

「学校は出たけれど」

2013年07月19日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆EUにおける若年失業率は憂慮すべき高さとなっている。2013年6月のEU首脳会議でも若年失業者問題が主要議題として取り上げられ、対策案への合意もみられた。しかし、次世代を担う若者が現実に直面している危機の大きさに比べ、あまりにも小さな対策予算の規模を憂う声もある。


◆若年失業率が高い原因として経済の低迷、教育と労働市場のミスマッチ、労働市場の硬直性などが指摘されている。いずれも即効薬はなく、職業や技術教育を改善し、学校から職場への移行を円滑にし、技能のミスマッチを解消することに加え、労働市場の改革と、時間をかけて改善していくしかないだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加