1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 英国:不穏な政界事情

英国:不穏な政界事情

英国独立党の躍進が意味すること

2013年05月09日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆2013年5月2日に行われた英国地方選で、英国独立党(UKIP)が予想を大幅に上回る議席増を遂げた。カリスマ性ある党首が目立ちはするものの、実際の支持基盤は大きくないとの事前評価を覆す結果に、保守党幹部も驚きを隠し切れずにいる。


◆英国独立党の得票率の高さは、現政権への抗議票の多さとも受け止められるだけに、2015年の総選挙までに連立与党がどのような建て直しを図るか、最大野党でありながら有権者の不満を支持率に繋げられなかった労働党の巻き返しはあるのか、英国独立党が真の第4党に成長できるのか、今後が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加