1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 英国:「開かれた国」は維持可能か?

英国:「開かれた国」は維持可能か?

ジレンマを抱えた移民政策

2013年03月14日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆英国連立政権による移民政策は、優秀な人材のみを歓迎する姿勢を明確にすることで純移動者数の大幅な削減を目指すものである。しかし、移民の増加に対する国民の懸念を和らげるためタフなアプローチを掲げながらも、開かれた国であることをアピールしなければならないジレンマに直面するなど、移民政策の多面性を浮き彫りにしている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加