1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. イタリア選挙結果は本当にネガティブか?

イタリア選挙結果は本当にネガティブか?

政策の軌道修正はむしろ好材料

2013年02月27日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆イタリアの総選挙を受け、ユーロが下落し、イタリア国債が売られている。政局の落ち着きどころが見えない中、市場の不安定性はしばらく継続しやすいとみざるを得ない。


◆ただし、選挙結果が最悪だったわけではない。最悪はベルルスコーニ独裁であるが、モンティ独裁もそれに劣らず悪いシナリオである。しかしそれらは避けられた。


◆緊縮財政の放棄は困るが、その修正はむしろ望ましい。どのような枠組みになるにせよ、次期政権がモンティ前首相よりはベルルスコーニ元首相がましとみた民意を無視することはできず、緊縮財政政策の修正は必至であろうし、それを「後戻り」としてネガティブに受け止める必要はない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート