1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. タイ輸出企業の競争力強化には

タイ輸出企業の競争力強化には

技術力の強化と、合法的な海外労働者受け入れ拡大で賃金抑制が必要

2015年01月08日

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

サマリー

◆ここ数年、タイの輸出額は頭打ちにある。米国経済の回復が見られ始めた後も、力強い回復は見られない。世界的なバリューチェーン(GVC)の中において、タイの輸出活性化に何が求められているのか。


◆タイは従来、GVCの中で加工貿易拠点として発展し、輸出・輸入を先進国に依存してきた。しかし2000年以降、タイは中間財や最終財を介し、先進国よりも中国やASEANとの統合を深化させている。特に、対中国では「技術力」の相対的な優位を背景とした機械類輸出が伸びている。GVCにおけるタイの役割は、中間財を輸入し、安い賃金を背景に組み立て、最終財を輸出するものから、技術力を以て中国を補完するものに変化しつつあるようだ。


◆しかし、近年タイの中国に対する生産性の優位は低下しつつある。その一方で、賃金上昇が単位労働コストを押し上げている。タイがGVCの中で競争力を保つためには、技術力による生産性向上に注力すべきである。特に、民間部門によるR&Dを促進することで、技術力を高める必要がある。また、より多くの労働力を生産性の低い低技術産業から、より生産性が高く高技術な産業に移行させる必要がある。その場合、非熟練労働については、ASEAN後進国の労働者受け入れを合法的に拡大することも一つの手だろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加