1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか

新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか

~新興国が株高に乗れないわけは?~

2013年12月04日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

サマリー

◆米国を中心に先進国の株価が上昇基調にある中、多くの新興国はその流れに乗れていない。これは、金融市場でリスク・オンに転換したにもかかわらず新興国がその恩恵を受けていないのではなく、リスク・オンに転換するに足る世界経済の改善が進んでいないことを意味していよう。


◆まずは、米国をはじめとした先進国経済の拡大が、金融緩和頼みの状況から脱することが必要である。「そこそこの景気」と金融緩和の組み合わせでは、本格的なリスク・オンには至らず、資本流入の再開を伴う新興国経済の回復も実現しない。一部の国では、これまでの通貨安に伴う外需の好転などが見え始めているが、それのみで持続的な景気拡大を見込むことは難しい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加