1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2013年7月)新興国は先進国の政策転換をどう乗り切るか

新興国マンスリー(2013年7月)新興国は先進国の政策転換をどう乗り切るか

~再び耐久力が試される~

2013年07月03日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 エコノミスト 新田 尭之

井出 和貴子

サマリー

◆足もと落ち着きつつあるとはいえ、米国の金融政策転換(観測)がもたらす金融市場の混乱は、今後も新興国の試練であり続けよう。さし当たっては、広がりつつあった金融緩和モードが後退している。


◆しかし2000年頃より新興国は被援助国から被投資国へ変貌し、バランスシートが強化されるとともに、ドル金利上昇や為替減価への耐久力は増している。グローバル市場のリスク許容度が景気と順相関の関係にあることもあり、結局のところ、新興国にとっても重要なのは米国の景気回復(期待)が継続するかである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加