1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入

新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入

~懸念される成長格差の縮小~

2013年05月07日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

リサーチ業務部 リサーチ業務部 担当部長 小林 卓典

新田 尭之

サマリー

◆IMFの世界経済見通しによれば、2014年には先進国と新興国・途上国の成長率格差が3.5%ポイントまで縮小する。2008年までの「新興国ブーム」は大幅な成長格差を誘因とした資本移動に後押しされており、その縮小(予想)は資本流入の停滞を通じて新興国の景気回復力を抑制する要因である。


◆先進国の景気回復を前提とすれば、2014年には新興国経済も一定の後追い的回復が可能であろう。怖いのは先進国経済の回復が頓挫し、先進国・新興国の低成長が継続する中で両者の成長格差の縮小が定着してしまうことである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加