1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. コード改訂に対応するCG報告書記載事例

コード改訂に対応するCG報告書記載事例

CGコード改訂で要求される中核人材多様性やTCFD関連の開示事例

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆2021年6月11日に公表された改訂後のコーポレートガバナンス・コードでは、中核人材や管理職人材における多様性(ダイバーシティ)の確保や、プライム市場上場企業向けには気候変動への取組みの開示に関する記述が新たに設けられた。

◆改訂後のコードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の提出期限はまだ先だが、早期に対応する企業も現れている。早期の開示例は、他社の今後の対応に参考となるところが多いだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート