1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 来春に改訂されるCGコードの論点

来春に改訂されるCGコードの論点

東証再編時における市場選択の観点からも要注目

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆7月17日に閣議決定された「成長戦略フォローアップ」では、事業ポートフォリオ戦略の実施など資本コストを踏まえた経営の更なる推進、上場子会社の取扱いの適正化を含むグループ・ガバナンスの強化、監査の信頼性の確保、社外取締役の質の向上などが2021年春に改訂されるコーポレートガバナンス・コード(CGコード)の論点として挙げられた。

◆2022年度に予定されている東証再編によって創設されるそれぞれの市場ごとに、上場会社に求められるCGコードの適用関係は異なる。上場会社はいずれの市場への上場を希望するのかを選択するためにも、CGコードがどのように改訂されるのか議論の内容を随時把握していくことが重要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート