1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 新TOPIXへの採用基準の1つはガバナンスの水準

新TOPIXへの採用基準の1つはガバナンスの水準

選定ルールには流通時価総額だけでなく質的な要素も

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆2022年4月の東京証券取引所の新市場への移行の際には、それに合わせてTOPIXも見直される。現在のTOPIXは市場第一部の全企業が対象だが、新TOPIXは流動性やガバナンスの状況などを基準に対象が選定されることになるとみられる。また、年に1~2回の入替も行われる可能性が高い。

◆新TOPIXへ採用される流動性基準としては、その詳細な定義は現時点では明らかにされていないが、流通株式時価総額100億円が目途となる。ガバナンスについては、例えば独立社外取締役の人数や割合といった項目が用いられるのではないか。

◆現在の市場第一部・第二部の企業について、流通株式時価総額100億円以上かつ独立社外取締役2人以上でスクリーニングすると、1,500社程度の企業が選出される。独立社外取締役の割合を1/3以上にして、同様に集計すると、選出されるのは900社程度である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート