1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 「資本コスト」とガバナンス・コード改訂

「資本コスト」とガバナンス・コード改訂

経営計画や政策保有株式の説明では、資本コストへの言及が必要に

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆金融庁に設けられた有識者会議で、コーポレートガバナンス・コードの改訂と、関連するガイドラインの策定作業が進められている。

◆今回の改訂では、経営計画の策定や政策保有株式の保有の適否に関する検証にあたっては、資本コストを勘案すべきとされる見通しだ。

◆資本コストには様々な推計手法があるが、上場企業各社には自社に相応しい推計方法を自律的に選択することが求められよう。

◆機関投資家と上場企業の対話に際しては、資本コストの推計方法自体がテーマになることもあり得よう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート