1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. ステーブルコイン、AML、前払式支払手段に関する資金決済法等改正法案

ステーブルコイン、AML、前払式支払手段に関する資金決済法等改正法案

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2022年3月4日、「安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案」が国会に提出された。

◆法案には、1月11日に公表された金融審議会「資金決済ワーキング・グループ」報告書を踏まえ、①いわゆるステーブルコイン(電子決済手段)に関する制度整備、②いわゆるマネーロンダリング対応の観点から、銀行等による取引モニタリング等の共同化に関する制度整備、③いわゆるプリペイドカードのうち、高額のチャージや移転が可能なもの(高額電子移転可能型前払式支払手段)に対する犯収法の適用、が盛り込まれている。

◆公布日から起算して1年以内の政令指定日からの施行が予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート