1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 暗号資産規制、EU法案

暗号資産規制、EU法案

ステーブルコインの潜在的なシステミック・リスクに着目

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆2021年に入り、暗号資産(仮想通貨)への関心が高まっている。

◆こうした状況を受けて、本稿では、欧州連合(EU)が2020年9月24日に公表した、暗号資産規制の法案(EU法案) を簡単に紹介することとしたい。

◆EU法案は、‘same activity, same risks, same rules’ を合言葉に、暗号資産業を「普通の」金融業(financial service)と同等に扱おうとしている。

◆こうしたアプローチ自体は、日本のそれと大きく離れたものではない。

◆EU法案がもたらす日本への示唆としては、「グローバル・ステーブルコイン」の取扱いが挙げられる。というのも、これは金融安定理事会(FSB)も提唱している暗号資産の一カテゴリーであり、EU法案はその認定要件や、課すべきより厳格な規制(アドオン要件)の青写真を示したものといえるからである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加