1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. バーゼル規制に関する追加の支援措置

バーゼル規制に関する追加の支援措置

日米ではレバレッジ比率規制も一時的に緩和される方向

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆4月3日、バーゼル銀行監督委員会は、新型コロナウイルス感染症の影響を緩和するため、バーゼル規制上の支援措置を行うことを公表した。

◆新型コロナウイルス感染症の影響を緩和するため、銀行貸出に対して政府保証や返済猶予が行われた場合、自己資本比率を算出する際にこれらの措置によるリスク低減効果を反映することとしている。

◆さらに、米国では4月1日に連邦準備制度理事会(FRB)が、我が国では4月8日に金融庁と日本銀行が、新型コロナウイルス感染症に関連して、レバレッジ比率規制を一時的に緩和する方針を明らかにした。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加