1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 安定調達比率(NSFR)(バーゼルⅢ)

安定調達比率(NSFR)(バーゼルⅢ)

【最終規則文書】バーゼルⅢのもう一つの流動性規制、2018年に実施

鈴木 利光

サマリー

◆2014年10月31日、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、「バーゼルⅢ安定調達比率」(最終規則文書)を公表している。


◆安定調達比率(NSFR:Net Stable Funding Ratio)とは、「利用可能な安定調達額(資本+預金・市場性調達の一部)」を「所要安定調達額(資産)」で除した割合を指す。BCBSは、2010年12月に公表したバーゼルⅢにて、新たにNSFRをバーゼル規制に加えている。


◆最終規則文書は、2010年12月公表のバーゼルⅢテキストにおけるNSFR部分の改訂であり、一部の要件の緩和や明確化が施されている。


◆NSFR導入の目的は、銀行の流動性リスク態様の長期的強靭性を高めることにある。その手段として、銀行に対し、常により安定的な資金調達源を確保したうえで業務を行うことを促すための追加的なインセンティブを設けている。


◆すなわち、NSFRは、流動性が低く、売却が困難な資産を保有するのであれば、これに対応し、中長期的に安定的に調達することを求めるものである。


◆最終規則文書では、銀行の維持すべきNSFRを100%以上としている。これを言い換えると、流動性の源となる安定的な資本・負債(分子:利用可能な安定調達額)を、流動性を生むことが期待できない(売却が困難な)資産(分母:所要安定調達額)以上に保有することを求めている。


◆NSFRは2018年1月から実施される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加