1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 合併の際に代用自己株式を用いた事例0601

合併の際に代用自己株式を用いた事例0601

サマリー

◆平成13年10月の金庫株解禁に伴い、保有する自己株式(金庫株)の処分が厳しく規制されるようになった。

◆処分の方法として、代用自己株式の方法がある。

◆これは、合併、株式交換、会社分割において新株の代わりに与えることができるというものである。

◆平成17年(2005年)のプレスリリースから、合併の際に代用自己株式を用いた事例を、いくつか紹介する。

◆また、「特殊な代用自己株式」を用いた事例も紹介する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加