1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 業績予想開示の柔軟化(総まとめ)

業績予想開示の柔軟化(総まとめ)

昨年度(2012 年度)における企業の対応を含む

2013年04月26日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆2012年3月期決算からスタートした業績予想開示の柔軟化も、2013年3月期決算で2期目を迎える。


◆準備期間が十分なかった2012年3月期決算とは異なり、2013年3月期決算においては、どのような開示の柔軟化が行われるか注目されるところである。


◆本稿では、参考までに、業績予想開示の柔軟化の内容、柔軟化に対する投資家・アナリストの意見、2012年度の業績予想開示の柔軟化の実態について、とりまとめる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート