1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 連結当期純利益の定義が変わる

連結当期純利益の定義が変わる

上場子会社株の売却は資本取引に

2013年03月12日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆平成25(2013)年1月11日、企業会計基準委員会(ASBJ)は、「企業結合に関する会計基準(案)」及び関連する他の会計基準等の改正案(以下、改正案)を公表した。コメントは3月15日まで募集している。


◆主な改正点は、非支配株主持分(少数株主持分)の取扱い、企業結合に係る取得関連費用の取扱い、暫定的な会計処理の確定の取扱い、の3点である。


◆なお、のれんについては、国際会計基準や米国会計基準と同様に、わが国の会計基準も償却しない取り扱いに変更するかどうかの議論が行われてきた。しかし、現状では、連結財務諸表及び個別財務諸表ともに会計基準を改正することについて市場関係者の合意形成が十分に図られていない状況にあるということで、現行の償却処理を継続することとしている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加