1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 金融商品会計基準の見直し、その2

金融商品会計基準の見直し、その2

2008年11月20日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆企業会計基準委員会(ASBJ)の金融商品専門委員会は、2008年11月18日に第42回金融商品専門委員会を開催した。2008年10月30日に開催した委員会に引き続き、金融商品会計基準の論点整理公表に向けた検討を行った。時価会計一部凍結の議論とは別の中長期のプロジェクトである。

◆これは、昨年8月にASBJと国際会計基準審議会(IASB)との間で合意した「東京合意」の趣旨も踏まえ、プロジェクト計画表における「IASB/FASB1のMoU に関連するプロジェクト項目(中長期)」の金融商品会計の現行基準の見直しに関するプロジェクトの一環である。

◆ASBJ は論点整理の公表を2009年3月頃としている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加