1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 過年度遡及修正に関する検討状況の整理

過年度遡及修正に関する検討状況の整理

過年度遡及修正に関する検討の中間成果物の公表

2008年08月11日

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆ 企業会計基準委員会は、2008年6月20日付にて「会計上の変更及び過去の誤謬に関する検討状況の整理」を公表した。

◆検討状況は、企業会計基準委員会が2007年7月9日付にて公表した「過年度遡及修正に関する論点の整理」に寄せられたコメントを分析した上で検討を重ね、公表されたものである。

◆企業会計基準委員会は、過年度遡及修正の導入にあたっては、監査のあり方や開示制度(会社法及び金融商品取引法に基づく)などとの関係の整理が不可欠であるところ、この関係整理を円滑に行うためには最終的に公表される会計基準に関する予見可能性をさらに高める必要があると考え、公開草案の前に検討状況を中間成果物として公表するに至っている。

◆企業会計基準委員会は、2008年9月19日まで検討状況に対するコメントを募集する。なお、企業会計基準委員会は、2009年上半期に会計基準の公開草案を公表し、2009年下半期に最終公表する予定である。




本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加