1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 売買の対象になった議決権行使助言業者

売買の対象になった議決権行使助言業者

ESG情報への関心が高まり、ESG情報業者の争奪戦へ

2021年03月19日

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆議決権行使助言業者のグラスルイスが、カナダのプライベート・エクイティ・ファンドの傘下入りを公表した。同業のISSは、プライベート・エクイティ・ファンドからドイツ証券取引所グループに売却された。

◆欧州では、サステナブル・ファイナンスに関する規制が大幅に変わり、ESG情報に対する需要が拡大している。米国では、政権交代によってESG投資振興策が打ち出される見通しであり、欧州同様ESG情報の価値が高まるだろう。

◆ESG投資関連規制の変化によって、ESG情報業者の争奪戦が始まっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加