1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC ドットは下方修正も、利上げ継続

FOMC ドットは下方修正も、利上げ継続

2019年は2回の利上げ見通し、先行きはより「経済指標次第」に

2018年12月20日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2018年12月18日~12月19日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを、従来の2.00-2.25%から0.25%pt引き上げ、2.25-2.50%にすることが決定された。金融市場では今回会合での利上げが事前に確実視されていたため、利上げの決定にサプライズはない。

◆声明文では、経済の現状認識については、ほぼ前回声明文のまま据え置かれた。また、経済見通し、金融政策運営方針に関する部分についても、基本的な見方は変わっておらず、経済の拡大、力強い労働市場、2%近傍のインフレ率の上昇が続く中、さらなる緩やかな利上げを続けるという見方が維持された。

◆今回のFOMCにおける最大の注目点であった、FOMC参加者の政策金利の見通し(ドットチャート)では、2019年末、2020年末、2021年末が、それぞれ前回見通しから▲0.250%pt低下した。だが、FOMC参加者による中立金利見通しである、FF金利の長期見通しの中央値も、前回見通しから▲0.250%pt引き下げられており、中立金利を上回る水準まで利上げを続けるという政策スタンス自体は変化していないと解釈できる。

◆金利正常化に一定の目途が立つ中、FOMC参加者内では政策決定に際して経済指標の重要性が高まっていることが共有されている。原油価格下落やドル高によってインフレ率が減速すれば、一部のFOMC参加者が追加利上げに対して慎重になる可能性があろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加