1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 個人消費の減速で米GDP成長率は鈍化

個人消費の減速で米GDP成長率は鈍化

2018年1-3月期米GDP:設備投資、在庫投資がGDP成長率を下支え

2018年05月01日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2018年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.3%となり、市場予想(Bloomberg調査:同+2.0%)を上回ったものの、前期から成長率が鈍化する結果となった。減速の主因は、個人消費が同+1.1%と2013年4-6月期以来の低い伸びに留まったことである。

◆実質GDPから純輸出、民間在庫を除いた実質国内最終需要は前期比年率+1.6%と2016年1-3月期以来の低成長となり、実質GDPよりも減速感が強い。今回GDPの押し上げに寄与した民間在庫の増加は、国内最終需要の減速と併せて考えると必ずしもポジティブに評価できるものではなく、実質GDP成長率は割り引いて評価する必要があろう。

◆4-6月期には個人消費が再加速し、GDP全体でも伸びが高まると見込む。税制改革による減税の恩恵が本格化するのは4-6月期からとみられており、家計の可処分所得を押し上げることが見込まれる。今回の個人消費の減速は前期からの反動とみられ、4-6月期以降は所得増加に見合ったペースでの個人消費の拡大が続くことになろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加