1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国雇用者数は約1年半ぶりの高い伸び

米国雇用者数は約1年半ぶりの高い伸び

2018年2月米雇用統計:注目の賃金上昇率は前年比+2.6%に減速

2018年03月12日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2018年2月の非農業部門雇用者数は前月差+31.3万人と前月から増加幅が拡大し、市場予想(Bloomberg調査:同+20.5万人)を大きく上回る良好な結果となった。3ヵ月移動平均値は前月差+24.2万人と、前月の同+21.0万人から加速しており、これまで緩やかな増加基調が続いてきた雇用者数は、足下で増勢を強めている。

◆雇用者数の増減を部門別に見ると、民間サービス部門が前月差+18.7万人と前月から加速したことに加えて、生産部門が同+10.0万人と1998年8月以来の大幅な増加を記録し、全体を押し上げた。また、政府部門についても、同+2.6万人と高めの伸びとなった。

◆家計調査による2月の失業率は4.1%となった。低下を見込んでいた市場予想(4.0%)に反して前月から横ばいとなったが、内容は決して悪くない。就業者数は前月差+78.5万人と大幅に増加する一方で、非労働力人口が同▲65.3万人と大幅に減少しており、失業率の低下を抑制する要因となった。

◆民間部門の平均時給は、前月から4セント上昇、前月比+0.1%となり、市場予想(同+0.2%)を下回った。また、前年比変化率も+2.6%と市場予想(同+2.8%)を下回り、3ヵ月ぶりの低い伸びとなった。1月分も前年比+2.9%から、同+2.8%へと修正されており、賃金上昇率加速への期待感をトーンダウンさせる結果であったと言える。

◆金融政策に関連して、今回最も注目されていた賃金上昇率は下振れする結果となったが、2%のインフレ目標の達成に向け、インフレ率が徐々に加速していくというFOMC(連邦公開市場委員会)参加者のシナリオに修正を迫るような結果ではなかったと言える。今回の雇用統計の結果を踏まえ、3月20-21日のFOMCでの利上げの実施、および2018年内に3回の利上げという従来の見通しに変更はない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加