1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 雇用者数は+20.9万人と好調維持

雇用者数は+20.9万人と好調維持

2017年7月米雇用統計:賃金上昇率にも下げ止まりの兆し

2017年08月07日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2017年7月の非農業部門雇用者数は前月差+20.9万人となり、市場予想(Bloomberg調査:同+18.0万人)を上回った。前月(同+23.1万人)から増加幅は縮小したものの、好調の目安とされる同+20万人を2ヵ月連続で上回っており、雇用者数は堅調な増加が続いている。


◆7月の失業率は、前月から▲0.1%pt低下の4.3%となり、市場予想通りの結果であった。失業率変化の内訳を見ると、労働参加率の上昇が失業率を押し上げる要因になったものの、就業者増加による失業率の押し下げが大きく、失業率は前月から低下した。


◆7月の民間部門の平均時給は前月から9セント上昇、前月比+0.3%と市場予想通りの結果であった。前月から伸び率は加速しており、賃金上昇の再加速を期待させる結果であったと言える。前年比変化率は+2.5%と、ここ4ヵ月間同じ伸びが続き、2017年初からの伸び率の鈍化に歯止めが掛かりつつある。


◆賃金上昇率に加速が見られていないことから、短期的にインフレ率が上振れする可能性は低いとみられる。一方で、今回の雇用統計では、雇用者数の堅調な増加と失業率の低下が見られ、将来に向けた潜在的なインフレ圧力の高まりが確認された。これは中期的にインフレ率がFRBの目標である2%に近づいていくというFOMCメンバーの見通しをサポートする結果であり、年内のあと1回の利上げを正当化すると考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加