1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 雇用、賃金の減速で9月利上げの可能性低下

雇用、賃金の減速で9月利上げの可能性低下

2016年8月米雇用統計:緩やかな改善トレンドは変わらず

2016年09月05日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2016年8月の非農業部門雇用者数は前月差+15.1万人となった。好不調の目安と言われる同+20万人を3ヵ月ぶりに下回り、市場予想(Bloomberg調査:同+18.0万人)にも届かなかった。しかし、景気減速を懸念するほど悪い結果でもなく、均して見れば雇用の増加ペースは底堅い。


◆8月の失業率は、低下を見込んでいた市場予想(Bloomberg調査:4.8%)に反して、前月から横ばいの4.9%となった。失業者数は前月差+7.9万人と2ヵ月ぶりに増加したが、就業者数が同+9.7万人増加したことに加え、非労働力人口が同+5.8万人と3ヵ月ぶりの増加に転じたことが、失業率の上昇を抑制する要因となった。失業率だけでなく労働参加率、就業率も前月から横ばいとなり、全般的に改善は足踏みしている。


◆8月の民間部門の平均時給は前月から3セント上昇、前月比+0.1%の小幅上昇に留まり、市場予想(Bloomberg調査:同+0.2%)を下回った。前年比で見た平均時給も+2.4%と前月から伸びが縮小しており、賃金上昇率は減速する結果となった。


◆9月FOMCでの利上げの可能性を模索する意味で、今回の雇用統計は注目度が高かったが、ヘッドラインである非農業部門雇用者数の伸びが市場予想に比べて弱かったこと、潜在的なインフレ圧力となる賃金上昇率が減速したことにより、FRBが利上げを急ぐ可能性は低下したと考える。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加