1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国GDPは前期比年率+0.5%の低成長

米国GDPは前期比年率+0.5%の低成長

2016年1-3月期米GDP:個人消費が減速し、設備投資は減少幅拡大

2016年05月02日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2016年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+0.5%となり、プラス成長が続く過去2年間において最も低い成長率に留まった。設備投資、輸出の減少幅が拡大したことに加えて、全体の下支えとなってきた個人消費の伸びが前期から減速したため、GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。


◆GDP成長率は市場予想を下回ったが、これは設備投資、在庫投資、輸出の下振れによるものである。米国経済の最大のドライバーである個人消費については市場予想を上回り、ヘッドラインの下振れを悲観視するほど内容は悪くないと考えられる。


◆先行きについては経済成長ペースが再加速し、緩やかな景気拡大が続くと見込む。個人消費はこのところ減速傾向が続いているものの、雇用・所得環境は改善傾向が続いており、個人消費を取り巻く環境は底堅い。今回の結果で見られたように、消費者マインドの悪化などの要因によって、所得の増加ほどには個人消費が増加しない可能性には留意が必要だが、所得の増加が続く中で個人消費が腰折れするとも考え難い。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加