1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 課題はインフレに絞られてきた

FOMC 課題はインフレに絞られてきた

利上げは年内2回の見通しに

2016年03月17日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2016年3月15日-16日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策変更はなく、FF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを0.25-0.50%で維持する決定が行われた。利上げ見送りとの見方が市場の大勢を占め、想定通りの結果である。


◆米国経済の現状認識は、米国経済の堅調さが強調される表現となった。雇用に対する評価が上方修正され、インフレ動向とマーケットベースのインフレ期待に対する評価も上向く方向へ言及された。


◆経済の先行きは、海外経済と金融動向が引き続きリスクであるとされたが、インフレ動向に影響を与えるリスクは後退したことが暗に示された。他方で、インフレ動向については「注意深く監視していく」と表現されており、政策運営におけるインフレ動向の重要性がより一層高まっていることが示されている。


◆FOMC参加者の政策金利の見通しを見ると、2016年については0.25%ptずつの利上げであれば、2回の利上げを見込んでいることとなり、利上げのペースは前回見通しからより緩やかなものへと引き下げられた。


◆世界経済や金融動向への懸念は後退し、労働市場はおおむね目標に達して、利上げに向けた残る課題は主にインフレ動向となる。エネルギー価格下落による下押し圧力が剥落すれば、インフレ率が高まる可能性がある。


◆経済、市場動向を見極めるために、4月のFOMCにおける利上げは見送られるだろう。世界経済や金融動向への懸念がさらに後退していることが4月の会合で確認できれば、6月会合での利上げを見込む。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加