1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 失望的な雇用の伸び

失望的な雇用の伸び

2015年9月米雇用統計:賃金も伸び悩み、総じて弱い結果

2015年10月05日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆9月の非農業部門雇用者数は前月から+14.2万人の増加となり、市場予想を大きく下回った。また、過去分の下方修正も併せるとヘッドライン以上に失望的な結果であった。


◆9月の失業率は5.1%と前月から横ばいとなり、市場予想通りの結果であった。ただし、就業者数が前月差▲23.6万人と大幅に減少するなど内容はポジティブとは言えない。失業者数は同▲11.4万人減少したが、非労働力人口が同+57.9万人増加したことが失業率を押し下げた。


◆賃金動向については、民間部門の平均時給は前月比▲0.0%となり、市場予想を下回った。失業率が自然失業率に迫る水準まで低下し、労働需給がタイト化する中でも、賃金上昇はなかなか加速しない状況が続いている。


◆9月の雇用統計は、非農業雇用者数の増加幅が市場予想を大きく下回り、景気減速に対する懸念が高まる結果となった。次回の10月FOMCで利上げが開始される可能性は低下したとみられる。年内は利上げ見送りとの観測も高まりつつあるが、大和総研では以前からの12月利上げ開始というメインシナリオに変更はない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加