1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ

FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ

続くQE3縮小の完了と同時期に政策の先行きが見通せるか

2014年06月19日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

笠原 滝平

サマリー

◆6月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。


◆経済の現状判断は労働市場の改善などを背景に上方修正された。1-3月期の成長鈍化によって、2014年の成長見通しは下方修正された。もっとも、天候要因は一時的とされて、経済の回復基調と見通しを大きく変えることはなかったとみられる。


◆FOMC参加者の利上げ見通しはばらつきがあって不確実である。金融政策の正常化に向けた2011年の「出口戦略」の見直しは年内完了が目標とされ、QE3縮小が完了し、中間選挙の結果が出る時期と重なる。金融政策と財政政策の先行き不透明感の程度が明らかになり、FOMC参加者の見通しや発言などが注目されよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加