1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 改善する雇用統計に力強さはない

改善する雇用統計に力強さはない

2013年4月の雇用統計:失業率は7.5%へ低下

2013年05月07日

笠原 滝平

サマリー

◆2013年4月の非農業雇用者数は前月差16.5万人増と、3月から増加幅が拡大した。過去2ヵ月分は合計で11.4万人上方修正された。


◆分類別に見ると、歳出の強制削減の影響などから政府部門は引き続き減少した。一方で、民間部門は建設業の減少や製造業の足踏みがあったものの、小売業などのサービス業が全体を牽引し増加幅が拡大した。


◆失業率は7.5%と3月から0.1%ポイントの低下であった。低下の要因は主に就業者数の増加であり、前向きに捉えられる内容だ。


◆ただし、パートタイム労働者の増加などによって平均労働時間が短縮したことや、広義の失業率が上昇したこと、賃金上昇率の抑制など懸念材料が残る。失業率などヘッドラインの数字は良かったものの、力強い雇用の改善は示せていない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加