1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年6月貿易統計

2021年6月貿易統計

米国向けが好調も4-6月期の純輸出は前期から減少

2021年07月21日

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

サマリー

◆2021年6月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+48.6%と大幅に増加した。これまで全体をけん引してきたアジア向けや、持ち直しの兆しが見られていたEU向けの弱さが悪材料であったものの、既に景気回復が軌道に乗った米国向けが全体を押し上げた点は評価できよう。他方、供給制約などを背景に2021年4-6月期の貿易収支は+114億円(季節調整値)と小幅な黒字にとどまり、1-3月期の+9,113億円(同)を大きく下回った。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比+2.8%と2カ月ぶりに増加した。地域別に見ると、EU向け(同▲4.9%)やアジア向け(同▲1.4%)は減少した一方、米国向け(同+3.7%)が全体をけん引した。

◆先行きの輸出は増加が続くとみている。中国向け輸出は旺盛なインフラ投資需要を背景に高水準で推移するほか、足踏み状態にあった欧米向け輸出も増加に向かうだろう。総じてみれば好調さを維持するとみられる一方、感染力の強い新型コロナウイルス変異株(デルタ株)の拡大や半導体不足による供給制約などのほか、各地域に特有のリスク要因が散在する点には注意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート