1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年4月貿易統計

2021年4月貿易統計

中国向けがけん引し、輸出金額は米中貿易摩擦前の水準へ

2021年05月20日

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

サマリー

◆2021年4月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+38.0%と大幅に増加し、11年ぶりの高い伸び率となった。季節調整値で見ると前月比+2.5%と2ヶ月連続で増加した。中国向けの半導体等製造装置が全体をけん引し、輸出金額(季節調整値)は米中貿易摩擦が本格化する前の2018年の水準近くまで回復した。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比+0.1%とほぼ横ばいであった。地域別に見ると、米国向け(同▲1.0%)やEU向け(同▲4.3%)が減少に転じた一方、アジア向け(同+0.7%)は2ヶ月連続で増加した。米国向け、EU向けでは前月に増加に寄与していた乗用車が減少した。アジア向けでは中国向けの半導体等製造装置がけん引役となったほか、中国以外の地域向けの乗用車が増加した。

◆輸出の先行きは増加基調が継続するとみている。とりわけ大規模な経済対策が実施されている米国向けや、高水準のインフラ投資が見込まれる中国向けの輸出が全体をけん引するだろう。ただし、世界的な半導体不足が国内の自動車生産を抑制し、輸出が伸び悩む可能性には留意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート