1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2017年12月鉱工業生産

2017年12月鉱工業生産

生産は堅調さを維持。一方、iPhone減産で電子部品・デバイスは▲1.9%の生産下押しの可能性

2018年01月31日

前田 和馬

小林 俊介

サマリー

◆2017年12月の生産指数は前月比+2.7%となった。生産が3ヶ月連続、出荷(同+2.7%)が2ヶ月連続で増加し、在庫は同▲0.4%と減少した。製造工業生産予測調査で見ると、2018年1月:同▲4.3%、2月:同+5.7%となっている。


◆世界経済の回復による輸出拡大を受けて、生産は堅調さを保っているといえよう。ただし、12月の生産が市場コンセンサス(前月比+1.5%)を大きく上回ったのは、輸送機械工業の一時的な増産によるものである点には留意する必要がある。


◆1月以降、電子部品・デバイス工業の計画が強い(1月:前月比+4.8%、2月:同+13.5%)が、この計画にはiPhone減産の影響は反映されていない可能性が高い。2017年1-3月期のスマホの世界生産台数と日本の電子部品・デバイスの用途向けシェアを踏まえると、iPhone減産は電子部品・デバイス工業の生産を▲1.9%下押しする可能性がある。


◆2018年3月以降に関しては、非常に緩やかな増産を見込んでいる。資本財については、世界経済の回復を背景として、産業用ロボット等を中心とした輸出拡大が全体を牽引するだろう。一方、外需の下振れリスクには警戒が必要である。Fedの出口戦略に伴い米国の金利が急速に上昇する場合には、米国経済の下押し圧力になることに加えて、新興国市場からの資金流出を招く懸念がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加