1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏の1-3月期は年率-14.4%成長

ユーロ圏の1-3月期は年率-14.4%成長

新型コロナウイルスに伴う景気悪化はまだ続く

2020年05月01日

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

サマリー

◆新型コロナウイルス感染拡大とそれに伴う「ロックダウン(都市封鎖)」が欧州経済に及ぼした悪影響は予想以上に大きかった。ユーロ圏の2020年1-3月期の成長率(速報値)は前期比-3.8%(年率換算-14.4%)となり、1995年の統計開始以来で最大の落ち込みとなった。4月下旬からロックダウンを一部解除する動きが出てきているが、拙速な解除で感染が再度拡大することも強く警戒されており、その解除は慎重に段階的に進めざるを得ない。4-6月期の成長率は1-3月期よりもさらに大幅に落ち込むと予想される。

◆4月30日のECB理事会ではユーロ圏の2020年の成長率予想を-5%~-12%と非常に幅を持たせており、新型コロナウイルスの影響の見通しづらさが端的に表れている。ECBは3月の定例理事会のあと、資産購入プログラムの拡大、担保要件の緩和などに動いてきたが、4月30日の定例理事会では銀行に対する資金供給を一段と強化した。欧州の金融システムが間接金融を中心にしている中で、銀行の資金仲介機能をバックアップするねらいがある。また今後、資産購入プログラムの一段の拡充など追加的な緩和措置を講じる可能性は高いだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加