1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. メイ首相退任後の新党首レース

メイ首相退任後の新党首レース

ブレグジット党に勝利できる新首相は誰か?

2019年05月29日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

◆英国のメイ首相は、2019年5月24日午前10時すぎに首相官邸前で声明を発表し、6月7日に保守党の党首を辞任する意向を示した。新党首が選出されるまでは首相を務めるとし、辞任の翌週から新党首選出のプロセスが開始されるとした。

◆メイ首相の辞任表明は、実質的に保守党党首選がスタートしたことを意味する。党首選を所管する1922年委員会の発表では、主な日程として、6月10日までに立候補を締め切り、決選に進む2候補者にまで絞り込むのは6月末までに終わらせる。この後、議会の夏季休会開始(通常は7月下旬)までに新党首を選出する予定である。

◆現時点でも、10議員以上が党首選に出馬の意向を示しているとされ、数十年ぶりの大混戦が予想されている。有力候補の筆頭はジョンソン元外相であろう。ロンドン市長時代から市民からの絶大な人気を誇り、カナダ方式のハードブレグジットを目指すところに、保守党党員の圧倒的な支持を得ている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加