1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 2回目のメイ首相の離脱協定合意案も否決

2回目のメイ首相の離脱協定合意案も否決

メイ首相の合意案とスタンドプレーは再考の時期に

2019年03月13日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

◆3月12日、離脱協定合意案に対する2回目の議会採決(意味ある投票)が下院で行われ、反対391票、賛成242票(149票差)と前回の採決(1月15日)に続き大差で否決された。反対議員の意見が覆らなかった主な原因は、投票日当日に英国コックス法務長官が、3月11日にEUと合意した2つの離脱協定の変更(共同解釈文書および政治宣言の追加文章)において、当初の離脱協定の内容を変えることができないとの法的助言を発表したことである。

◆合意なき離脱を回避するには、EUとの離脱協定合意の受け入れしかないと、メイ首相が再三にわたり訴えたことは、むしろ議会からの信任を下げることとなったという。ここ数ヵ月はメイ首相のスタンドプレーが目立ち、バックストップの代替措置についてまでも、周囲の誰にも相談せず行動し続けたことは逆効果となったようだ。

◆否決後、EU側は声明を出し、英国が離脱延長を求める合理的な理由がある場合、離脱延長を容認する姿勢を示した。さらに合意なき離脱の場合でも、その準備を着実に実施するとした。ただし、ユンケル欧州委員会委員長は、メイ首相が主導しているEUとの離脱協定合意案が英議会で否決される限り、これ以上の協議は行わないと釘を刺している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加